Qスイッチルビーレーザー

Qスイッチルビーレーザーとは?

Nano StarR
Nano StarR

メラニン色素に良く吸収される波長である694nmのレーザーを照射することの出来るレーザー機器です。シミそばかす、異所性蒙古斑、太田母斑、茶アザ(扁平母斑)などに良く効きます。入っている色素にもよりますが、刺青除去にもとても効果があります。Qスイッチという方法を用いることで、ごく短時間に強い光を出すことが出来るため、周囲に与える熱ダメージを最小限にして、効率よく色素を破壊します。
シミの治療では、フォト・IPL治療もとても良い方法です。シミを薄くできるだけではなく、肌の質感もよくなり、赤みに対しても同時に治療ができます。ダウンタイムもありません。
Qスイッチルビーレーザーはシミをとるという効果はフォト・IPL治療よりも強いですが、肌の質感を良くしたり、赤みを治療する効果はありません。どちらにも良い点がありますので、肌やシミの状態など様々な要素でどちらの治療をするかをご相談ください。

Qスイッチルビーレーザーの特徴

Qスイッチルビーレーザーはメラニン色素による、シミやそばかす、異所性蒙古斑、太田母斑、扁平母斑にとても効果的な治療法です。特に、異所性蒙古斑や太田母斑、扁平母斑、外傷性の色素沈着には保険適応での治療も可能です。同様に保険での治療が可能なQスイッチアレキサンドライトレーザーは扁平母斑に対する保険治療は認められていませんから、日本では最も適応の広いレーザーといってよいでしょう。
ルビーレーザーで照射される694nmという波長の光はメラニン色素にとてもよく吸収されますので、色素を効率的に破壊できます。
シミに対する最も効果的な治療法の一つであり、フォト・IPL治療や、美白剤の治療では効果が出ないADM(後天性真皮メラノサイトーシス)などにもとても効果的です。

Qスイッチフラクショナル照射とは?

当院のレーザーはフラクショナル照射が可能です。フラクショナル照射では、照射範囲の30%に点状にレーザーを照射します。
通常のレーザー照射はシミなどにとても効果的ですが、面で色素を破壊するために、一時的にかさぶたになってしまうという欠点がありました。また、周囲にくすみがある場合には、治療部位が周囲よりもきれいになってしまう為にかえって境界が目立つということもありました。フラクショナル照射では点状で照射するためにかさぶたにはなりません。また周囲との境界もぼやける感じになるため、自然な仕上がりになります。軟膏を塗ったり、テープを貼ったりする必要も無いのでダウンタイムの無い治療が可能です。
破壊された色素はかさぶたになってはがれるのではなく、徐々に吸収されていきます。
吸収された後に、次の照射を行います。1か月ごとの治療がおすすめです。
全体に少しずつきれいになっていくため、周囲の人に「なにしたの?」と聞かれることもなく、いつの間にか自然に綺麗になることができるという治療です。
従来のレーザーによるシミ治療の欠点であった、”炎症後の色素沈着が起こりやすい”という欠点も肌への負担を少なくすることで起こりにくくなっています。

欠点としては通常のレーザー照射と同等の効果を出すためには複数回の照射が必要という事です。また、破壊された色素が徐々に吸収されることで薄くなっていきますから、特に最初の1回が終わった直後には大きな変化はありません。ですから、従来のレーザー治療のように、「2週間後にかさぶたが取れた後は綺麗になっている!」という感動は少ないかもしれません。
早く結果を求める方は従来の方法がよいと思いますが、多くの方にとっては、痛みも少なく自然に綺麗になっていく方が好まれます。
かさぶたにならない、自然な仕上がりのレーザー治療をご希望の方はぜひご相談下さい。

2019年7月8日美容皮膚科シミ, レーザー, 美容, 美白

Posted by 中野 貴光