眼瞼下垂(がんけんかすい)

眼瞼下垂とは?

上まぶたが挙がりづらく、眼が開きにくい状態を眼瞼下垂と呼びます。
最も多いのは、加齢性(老人性)眼瞼下垂です。加齢によりまぶたをあげる眼瞼挙筋(がんけんきょきん)という筋肉からつながる挙筋腱膜(きょきんけんまく)という膜と、まぶたの端にある瞼板(けんばん)という板状の組織や皮膚との間が緩んで起こるもので、挙筋という瞼をあげる筋肉の動き自体は良好なことがほとんどです。
加齢現象で緩むほかに、白内障の手術の影響で緩むことやハードコンタクトレンズの長期使用などで緩むことがあります。アトピー性皮膚炎や花粉症で瞼をよくこすったり、過度のアイメークやアイプチを落とすときに瞼をこすることを繰り返すことも原因となります。
緩んでしまうと、筋肉の動きを上手く瞼(まぶた)に伝えられなくなり、眼が開きにくくなります。これが腱膜性眼瞼下垂(けんまくせいがんけんかすい)と言われる一般的な「眼瞼下垂」です。

眼を開ける筋肉の機能に問題が無くても、皮膚が緩むことで眼が開きにくくなったり、たるんだまぶたの皮膚が視野にかかり見えにくくなります。この状態は正確には上眼瞼(じょうがんけん)の皮膚弛緩症(ひふしかんしょう)といいますが、通常は同様に「眼瞼下垂」といわれます。一重瞼(ひとえまぶた)の人は症状が出やすくなります。

このほかに生まれつきのもの、神経麻痺(動眼神経麻痺や重症筋無力症など)や外傷性のものなどがありますが、これらは挙筋機能(きょきんきのう)そのものが不良で、眼の合併症や全身の合併症を伴うこともまれではありません。
神経や筋肉に原因がある眼瞼下垂に関しては、内科的・脳神経的な疾患が原因となっている場合があり、その場合はそちらの治療が優先されます。内科的・脳神経的な疾患が無い場合は手術が行われます。眼を開けるのに通常使われる眼瞼挙筋が使えないため、眉毛をあげる前頭筋(ぜんとうきん)という筋肉の力で眼を開けられるようにする、前頭筋吊り上げ術という特殊な手術が行われます。

「眼瞼下垂」の症状

視野が狭くなり、運転などが危なくなったり、テレビが見にくくなる。
目を開ける際に額の筋肉を使うので、額にシワが刻まれてしまう。
上方が見えにくいためにあごを上げて物を見るようになる。
頭痛や肩こりの原因になる。
眠そうに見える・老けて見えるということを指摘されるようになる。

などの様々な不都合が生じます。

典型的な眼瞼下垂の症状。眉毛をあげることにより眼を開けようとするため、眉毛が上がり、おでこのシワが深くなります。

腱膜性眼瞼下垂(けんまくせいがんけんかすい)に対しては、挙筋腱膜と瞼板の位置を修正する手術が行われます。
状態に応じて様々な手術方法があります。

腱膜性眼瞼下垂の手術

多くを占める腱膜性眼瞼下垂に対して、様々なタイプの手術が行われます。

1. 全切開による挙筋腱膜前転法
とても多く行われている手術で、対象となる状態も幅が広く、軽度~重度の眼瞼下垂に加え、正常な開きの瞼を更に大きく開く事も可能です。
多くの場合は同時に皮膚の弛みもとります。
加齢現象で発生した眼瞼下垂には理論的に最も適した方法です。
当院での手術時間は両眼で調整時間込みで最短で45分。多くは60~70分前後ほどです。(眼の状態や微調整を要する程度で異なります。)
ダウンタイム(腫れが目立たなくなり、日常生活が全く問題無くなるまでの時間)は一般的に長く2週間~1ヶ月といわれますが、当院ではダメージが小さい丁寧な手術をする事で、なるべくダウンタイムを短くしています。短い人では10日~2週間で目立たなくなります。

2. 結膜切開による挙筋腱膜前転法
軽度~中等度の眼瞼下垂で、皮膚の弛みを取る必要の無い方に向いた手術です。
正常な開きの瞼を更に大きく開く事も可能です。
同時に二重にする場合、埋没法の二重術が行われます。
ダウンタイムは10日~2週間ぐらいです。

3.切らずに糸で留める手術
軽度の眼瞼下垂の方に対する手術です。
正常な開きの方、中等度以上の眼瞼下垂の方には向いていません。
1.や2.と違い、挙筋腱膜の異常そのものを修復する手術ではなく、ミュラー筋という筋肉を縫い縮める手術なので効果は限定的で、長期的には元に戻る可能性が高いです。近年ではミュラー筋の重要性が認識されており、ミュラー筋にダメージを与えると眼瞼けいれんなどの合併症を生じる可能性があります。当院では理論的に眼瞼下垂に適した方法とは考えていないため、通常行いません。
ダウンタイムは数日~2週間程度です。

上眼瞼皮膚弛緩症(うわまぶたのたるみ)の手術

上眼瞼の皮膚弛緩の場合には、皮膚を切除する必要があります。一重まぶたの人で、軽度であれば埋没法の二重瞼(ふたえまぶた)の手術をするだけでもある程度は改善します。
基本的には皮膚を切除することになりますが、この際には二つの方法があります。
1.瞼縁での余剰皮膚切除
二重瞼のライン(瞼の端から5~7mm)程の部分で余剰皮膚を切除します。概ね1cm程度までの皮膚を切除します。
傷跡は最終的にとてもキレイに治ることが多いです。
メリット:
傷跡がとてもキレイに治ることが多い。
二重瞼にする事が出来る、二重瞼のラインを調整することが出来る。
デメリット:
1cm以上の切除を行うと、睫毛(まつげ、しょうもう)側の皮膚と眉毛(まゆげ、びもう)側の皮膚との厚さが違うので違和感が出ることがある。
二重のラインが変わる・一重の人は二重になることがある。メリットかも知れませんが、顔の雰囲気がかわります。

2.眉毛側での余剰皮膚切除
眉毛の下で余剰皮膚を切除します。1cm以上の切除も可能です。
メリット:
眼の印象が若い頃の様にもどることが多い。二重のラインをいじらないので、眼の雰囲気はその人の自然な状態に近づくとされます。
眉毛を描くかアートメイクをしている人ならば、傷跡はほとんどわからなく出来ます。
ダウンタイムも比較的短いです。
デメリット:
瞼縁(睫毛側)の傷跡と比べると、しばらくは跡が残ります。メイクをしない人の場合には目立つ場合があります。
本来は眉毛の生え際はある程度まばらなのですが、手術をすると、傷のラインの上には眉毛があり、下には眉毛の無い状態になるからです。
当院では、眉毛の1本1本の生え際ぎりぎりでジグザグに切開する特殊な方式で切除を行うことも可能です。これにより従来の方法よりも傷が目立たない手術を行うことが可能です。手術に非常に高度な技術とセンスを要するので他院ではほとんど行っておりません。

2019年1月20日形成外科手術, 美容

Posted by 中野 貴光