乾燥肌

肌がカサカサしている、潤いが感じられない――こんな「乾燥肌」は、様々な肌トラブルの原因になります。
空気が乾燥する季節の悩みだと思われがちですが、最近はエアコンなどにより、ほぼ一年を通じての肌トラブルとなっています。

乾燥肌とは

乾燥肌とは、肌の水分・皮脂が不足して潤いがなくなっている状態で、ドライスキンとも呼ばれます。入浴後や洗顔後に肌がつっぱる、全身がカサカサする、などの症状がみられます。
特に乾燥しやすいのは、もともと皮脂の分泌が少ない脛(すね)、膝、ひじ、足の裏などの部位です。顔では頬や目、口のまわりなどが乾燥しやすくなります。

私たちの肌は表皮で覆われていますが、乾燥と密接な関係にあるのが、表皮の一番外側にある角質層です。角質層には「バリア機能」という役目があり、バリア機能が正常に働いていると、肌の水分を保ち蒸散を防ぐとともに、アレルゲンなどの侵入や外部刺激から肌を守ります。
その角質層は、角質細胞と細胞の間を埋めている細胞間脂質から成り立っています。角質細胞はアミノ酸などの天然保湿因子(NMF)で満たされ、細胞間脂質はコレステロール、セラミドや脂肪酸などで満たされています。

乾燥肌は「バリア機能」が壊れた状態

肌の潤いを守っているのは「バリア機能」です。
正常に肌のバリア機能が働いている状態であれば、角質層が外的刺激から肌を守り、肌内部の水分・脂質が逃げるのを防ぎ、潤いのある肌を保つことができます。
ところが、何らかの原因により、角質細胞に含まれるアミノ酸などの天然保湿因子(NMF)や細胞間脂質が減って細胞をつなぎとめる力が弱くなると、バリア機能が低下し、水分が逃げてしまいます。つまり、乾燥肌はバリア機能が壊れた状態なのです。

通常私たちのお肌は様々な刺激から体を守る作用がありますが、バリア機能が壊れることで湿疹ができやすくなります。特に毎年冬場に繰り返すことが多く、湿疹が全身に広がることもあります。最近では弱った肌から感作されてアレルギー体質が引き起こされるとも報告されています。

皮膚のバリア機能が低下するおもな原因

肌のターンオーバーの乱れ

健康な肌は、皮膚の新陳代謝であるターンオーバー(古い皮膚が垢になってはがれて新しい皮膚に入れ替わること)によって常に新たな細胞に入れ替わることで、バリア機能が保たれます。ところが、ストレスや生活習慣の乱れなどでターンオーバーのサイクルが早まったり遅れたりすると、バリア機能が低下します。

空気の乾燥

冬場は空気が乾燥しますが、夏でもエアコンは空気中の水分も一緒に吸収してしまうため、長時間使用により空気は乾燥します。空気が乾燥すると、角質の水分が奪われ、肌のバリア機能は低下しやすくなります。

紫外線によるダメージ

紫外線はさまざまな皮膚トラブルを引き起こします。皮膚は紫外線のダメージによって、バリア機能を低下させてしまいます。

間違った入浴法

ナイロンタオルなどによるこすりすぎや、洗浄力が強すぎる石鹸などによって、皮膚のバリア機能が低下することがあります。また、42度以上の高温の湯は肌から必要な脂質を奪い、バリア機能を低下させます。

ビタミンの不足

ビタミン類が不足すると肌に悪影響がでます。特にビタミンB群は、肌のターンオーバーを正常に保つ働きがあり、不足するとターンオーバーが乱れ、バリア機能低下につながります。

皮脂分泌量の減少

年齢とともに水分、セラミドなどの細胞間脂質、天然保湿因子(NMF)は減る傾向にあります。また、実は小児では大人と比べると皮脂の分泌量は非常に低く、乾燥しやすくなっています。これらが減少すると、バリア機能は低下しやすくなります。

子供はみずみずしい肌のようなイメージがありますが、特に小さなお子様は非常に乾燥しやすい状態になっています、早い段階からしっかり保湿をして健康なお肌を維持してあげましょう。そうすることで、大人になってからもこれらアレルギー症状の予防につながるばかりでなく、日々のケアによって親子のスキンシップにもつながるでしょう。

乾燥肌の予防・治療には保湿剤によって、日頃から健康なお肌を維持することが大切です。また湿疹も併発していればステロイドの塗り薬、アレルギー止めの飲み薬を使用する場合もあります。入浴の際には、皮脂を落としすぎないやさしいものをよく泡だてていただき、ナイロンタオルなどでこすりすぎないようにしましょう。

スキンケアによって潤いのある肌を守っていくことは、美肌になるための大切な第一歩です。

2019年1月20日皮膚科かゆみ

Posted by 中野 貴光