ヒアルロン酸

ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸は、もともと人体の皮膚などに存在する保湿成分です。保水力がとても高いのでお肌の張りや弾力性を保ちます。
肌以外にも、軟骨や関節の中にも含まれます。1gのヒアルロン酸が6リットルの水を保持することができるといわれており、高級な化粧品にも保湿成分として極少量使用されています。
年齢とともに体内のヒアルロン酸が減少することが、肌の張りがなくなりシワが目立ってくる原因のひとつとされています。
くぼんだシワの部分にヒアルロン酸を注入することでしわを目立たなくする治療が可能です。
ヒアルロン酸はもともと人体にも存在しているため、アレルギーを起こすリスクは非常に低く、安全性の高い治療といえます。
シワの治療だけでなく、涙袋を作る、鼻筋を通す、鼻を高くする、唇をふっくらさせる、アゴを出す、などのプチ整形に応用されています。顔全体を若返らせたい方には、額やコメカミのくぼみ、ホホのゴルゴ線に注入することで、顔全体をふっくらリフトアップさせるヒアルロン酸リフトもオススメです。

当院でのヒアルロン酸治療の特徴

当院で使用するヒアルロン酸は全て国内製造販売承認を取得したAllergan社の最新世代である長期持続型のヒアルロン酸を使用しております。高価なヒアルロン酸製剤ですが、安全性を重視して選択しており、また長期持続型なので効果が長く続きます。
ヒアルロン酸はもともと人体にも存在していますが、実は天然のヒアルロン酸はすぐに分解されてしまいます。そこで、注射用のヒアルロン酸は架橋という方法でつなぎ合わせることで、すぐに分解されないように加工しています。
アラガン社ではVYCROSS™ technologyという方法で、長いヒアルロン酸と短いヒアルロン酸を混ぜて密に架橋させることで、強固な構造をつくり、分解されにくくて水分を吸収しにくい構造を実現しております。
水分を吸収しにくいと聞くとデメリットに感じるかも知れませんが、水分を吸収してしまうことは術後の腫れにつながります。
この腫れが多いと、「施術時にはよく感じたが、翌日見てみると入れすぎな気がする」というトラブルにつながります。
アラガン社は最新技術により、長期間持続し、水分吸収が少ないヒアルロン酸を開発しております。
当院ではこの最新世代のヒアルロン酸を現時点で最良のヒアルロン酸製剤と考えているため、アラガン社の最新世代のヒアルロン酸のみを採用しております。

現在、アラガン社の最新世代の長期持続型ヒアルロン酸には3種類(ボリューマ・ボリフト・ボルベラ)があります。

ジュビダームビスタ ボリューマ

やや硬いヒアルロン酸製剤です。皮膚の中や直下に注入するのではなく、骨の上に注入します。
シワができるのは「皮膚がたるむから」と思われている方が多いと思いますが、実際には「骨が痩せる」というのが大きな原因の一つとなっています。骨が痩せることにより、3次元的な形態が変化し、その分皮膚が余って垂れ下がってしまいます。
ボリューマはその痩せてしまった骨の上に注入することにより、ボリュームを回復させる事が出来ます。
硬いヒアルロン酸なので、しっかりとしたリフトを行うことが出来ます。

ボリューマの特徴

1.骨の上に注入するため、皮膚の中や直下に注入するヒアルロン酸よりも痛みは圧倒的に少ないです。

2.深い部分に注入するため皮膚の違和感などが有りません。

3.自然な形態を取り戻す治療なので、仕上がりが自然になります。鏡で確認してもらうと、本人は注入直後から変化に大変満足して頂けますが、ご家族や友人に施術を気づかれることはほとんどありません。

4.最長2年間という長期間効果が持続するため、結果的にコストも安く済みます。多くの方は、1年後に初回の半量を注入することで維持を行います。

5.硬いヒアルロン酸なので、皮膚の中や直下に注入することはオススメできません。

ジュビダームビスタ ボリフト

ボリューマよりは柔らかく、下記のボルベラよりは硬いヒアルロン酸です。ボリューマよりは柔らかいため、ほうれい線などの治療に最も向いています。骨の上では無く、皮膚のやや下に注入します。細かいシワにはボルベラの方が向いています。

ボリフトの特徴

1.最長1年半という長期間効果が持続します。

2.ボリューマとボルベラの中間タイプなので、幅広い適応があります。その為、1本を少量で色々な部位に使用したいと言う方には良い選択肢となります。ほうれい線には最適です。

ジュビダームビスタ ボルベラ

とても柔らかいヒアルロン酸です。私も始めて使用したときにはその使用感の良さに驚きました。日本では2019年6月3日発売で、実質6月4日に各施設に納入されました。当院ではその初日より使用を開始しています。
とても柔らかいので、唇や眼の周りのシワに対してもとても使用しやすくなっております。
また、特筆すべきなのは「ほとんど水分を吸わない」ということです。従来のヒアルロン酸は、注入後に水分を吸収するために膨張します。その為、注入時には非常に良好な結果でも、翌日にはややオーバーな結果になってしまうことがありました。その為、少なめに注入することが必要なのですが、経験で注入量を判断するしかなく、直後の結果ではやや少なめの矯正になるため、施術時に満足が得られにくいという欠点がありました。
しかし、ボルベラはほとんど水分を吸わないので、注入時の結果がそのまま翌日以降の結果につながります。施術をする側にとっても受ける側にとっても結果が予測しやすいため満足度の高い治療が可能になりました。
また、柔らかいヒアルロン酸は通常はやく吸収されるのですが、ボルベラは最長1年間持続します。

ボルベラの特徴

1.最長1年間効果が持続します。

2.とても柔らかいので、皮膚の中や直下に注入するのにとても向いています。

3.水分吸収率がとても低いので、注入時に最終結果がほぼ判るため、細かい調整が可能です。

 

2019年7月2日美容皮膚科シワ, 美容

Posted by 中野 貴光