VbeamⅡレーザー

VbeamⅡレーザーとは?

Vbeamレーザーは、赤血球の中のヘモグロビンという色素に良く吸収される波長595nmのレーザーを照射することの出来るレーザー機器です。
血液内のヘモグロビンがレーザーの光エネルギーを吸収し、熱に変換することで血管の内壁を熱で破壊して血管を閉塞させます。

単純性血管腫(赤あざ)、苺状血管腫(いちご状血管腫・乳児血管腫)、毛細血管拡張症(赤ら顔、酒さ等)は、このレーザーを用いて保険適応での治療が可能です。

その他に、傷を治そうとして毛細血管が増殖・拡張することによりおこるニキビ跡、肥厚性瘢痕、ケロイドなどの傷跡の赤みは、Vbeamレーザーにより改善が期待できます。 ※傷跡の赤みのVbeamレーザー治療は保険適応外のため、自費治療になります。

また、Vbeamレーザーは難治性のイボの治療にも効果があります。イボ(尋常性疣贅)は肥厚した角質の下に豊富な血流があり、この血管から酸素と栄養を受け取って成長していますので血管を破壊することでイボを死滅させることが期待できます。
 ※イボのVbeamレーザー治療は保険適応外のため、自費治療になります。
基本的にイボは保険適応の液体窒素による治療が第一選択ですが、足底や爪の横などは難治性のことがあり、その様な場合にはVbeamレーザーによる治療を検討しても良いでしょう。

VbeamⅡレーザーの特徴

Vbeamはレーザーのパルス幅(照射時間)を調節できるという機能を有しており、これにより毛細血管の血管径に応じた照射時間を適宜設定することが可能となりました。パルス幅を細かく設定することにより、長いパルス幅で太い血管、短いパルス幅で細い血管など様々な太さの血管をターゲットに出来ます。また、照射径を変えることにより、深い血管に作用させるなどの設定が可能です。

さらに、内蔵のダイナミッククーリングディバイス(DCD)がレーザーに同期し、レーザー照射直前に冷却ガスを吹きつけ皮膚表面の温度を下げることにより皮膚を保護します。DCDデバイスが付いていることにより、痛みと合併症が少なくなっており、基本的に麻酔は不要です。

当院ではVbeamⅡとよばれるレーザーを使用しており、Vbeamよりも幅広い設定が可能となり、血管病変のある血管の太さ・深さ・流れる血液の速さに合わせてアプローチを変えることにより治療効果が出やすくなっております。

(既にVbeam Primaが発売されておりますが、日本版は機能制限版でありVbeam Prima最大の特徴であるデバイスが取り除かれているため、VbeamⅡとの機能的な差はわずかです。)

当院ではレーザー専門医として、Vbeamレーザーの日本国内導入初期より大学病院でVbeamレーザーに関わってきた経験を生かして治療に取り組んでおります。

治療法と経過は?

治療部位にあわせて設定を行います。レーザー照射時には直前に冷却ガスを噴射することにより痛みを軽減させます。
クリームやテープで麻酔を行うと、反応で赤みが出てしまい治療が出来なくなるケースもありますので基本的に麻酔は行いません。
眩しい光を発するので、目はゴーグルで保護して治療を行います。
血管の病変は様々な太さと深さのものが混ざっており、レーザーの設定により効きやすい血管が異なります。
その為、病変にあわせて設定を変えながら複数回の治療が必要になることが多く、場合によっては一度の治療では効果に乏しいケースもあります。

保険での治療の場合には3ヶ月以上の期間をあけて、再度レーザー治療を行います。

Vbeamレーザー治療の注意点・合併症

Vbeamレーザー治療では基本的にかさぶたにはなりませんが、熱ダメージにより軽いヤケドにはなるので、水疱形成を起こすことはあります。また、595nmの光はメラニンにも吸収される波長なので、肌が日焼けをしているとヤケドをおこしやすくなる為、治療が出来なくなる場合があります。

その他の合併症として以下の様なものがあります。

内出血
レーザー照射により血管が破壊されることにより内出血が起こることがあります。施術後1〜2週間程で自然に吸収されますが、しばらくはメイクでも隠しきれないこともあります。

腫脹(腫れ)
一時的に腫脹(腫れ)が起こります。施術後1〜5日間程で自然に消失します。

炎症後色素沈着・色素脱失
軽いヤケドが起きるため、施術後に炎症後色素沈着・色素脱失が起こることがあります。
炎症後色素沈着・色素脱失は通常、数ヶ月で消失しますが、希望により自費で美白剤などを使用することもあります。

瘢痕(きず跡)
熱反応によるヤケドや、治療後に引っ掻いてしまうことにより傷を作ってしまうと、ごく稀に瘢痕を残すことがあります。