逆さまつげ(睫毛内反・眼瞼内反・睫毛乱生)

逆さまつげとは?

まつげが内側に向かって生えて、角膜や結膜にまつげ(睫毛)があたっている状態です。角膜や結膜に傷がつき、痛みや異物感、流涙などがおこります。
まぶたが内側に湾曲している睫毛内反・眼瞼内反(しょうもうないはん・がんけんないはん)と、まつげの生えている方向や配列が乱れている睫毛乱生(しょうもうらんせい)があります。
逆さまつげには加齢性、先天性(生まれつき)、痙攣性(けいれん性:眼のけいれんによるもの)、瘢痕性(はんこん性:何らかの傷跡によるひきつれ)などがあります。先天性が最も多く、次いで加齢性です。先天性や加齢性はまぶたの皮膚の過剰・たるみ、皮下の筋肉の筋力低下などがその原因となっています。

症状は?

まつげが角膜に当たることにより角膜にキズがつくため、なみだ目、異物感、痛みなどの症状がでます。
眼がうるんでいる、充血しやすい、目やにが出るなどの症状があれば、まずは眼科を受診することが勧められます。逆さまつげのお子さんは目に違和感があるので、よく目のまわりを擦ります。また、角膜のキズがひどい場合には強い光が痛みを引き起こしますので、外に出た時に目を細めたり、カメラのフラッシュを嫌がったりします。

どうやって診断するか?

上記のような症状があれば、逆さまつげを疑います。
まつげが内側に向けて生えていることが確認できるので、診断は容易です。

治療法は?

まつげを抜く方法で、一旦症状は改善します。しかし、毛はまた生えてきて症状が出てくるので根本的な解決にはなりません。
眼の為には手術で治してしまうのが最も良いとされています。
眼の手術というと怖いイメージがあると思われますが、「毎回眼科でまつげを抜いてもらって痛い思いをするよりも、もっと早く手術すれば良かった」と手術をうけた患者さん達はみなさんおっしゃいます。

上まぶたの場合

上まぶたの逆さまつげの場合には、二重まぶたにする手術と同じ様な手術を行います。多くの方は、埋没法と呼ばれる皮膚をほとんど切らない小さな手術で治すことが可能です。まぶたが厚ぼったい人や、埋没法で手術後に再発した場合には、切開法というまぶたを少し切る二重まぶたの手術を行います。
二重まぶたになることで目の印象が変わりますから、中学や高校の卒業時に逆さまつげを治して二重まぶたにする人も多くいらっしゃいます。
いずれの手術も局所麻酔で日帰りが可能です。

下まぶたの場合

下まぶたの場合には、埋没法は通常行いません。少量の皮膚を切除して手術を行います。後戻りを防ぐ為に瞼板と呼ばれる軟骨に皮膚を固定するので、下まぶたに二重まぶたの様な線が入る手術が一般的に行われます。
症状は良くなりますが、下まぶたが二重まぶたになったらちょっと変ですよね?
当院では違和感の無い自然なまぶたになるように手術法を工夫しております。手術は局所麻酔で日帰りが可能です。

子供の場合

子供は生まれつき、特に下まぶたの内側で逆さまつげになりやすいです。 ほほがふっくらして、肌に張りがあるので、まぶた全体が内側にカールしやすいのが原因です。まつげを抜くのは痛みを伴いますし、小学生以下では局所麻酔での逆さまつげの手術は困難です。子供のまつげはまだ柔らかいため角膜へのキズはつきにくく、 また成長に伴って改善することが多いので、症状が軽度なら目薬などを使用して経過観察をします。 眼科で定期検査を受け、角膜にキズがついていないかをチェックすることが大切です。角膜のキズの程度によっては手術を行う場合があります。

まつげの乱れ(睫毛乱生:しょうもうらんせい)の場合

まつげが乱れて生える睫毛乱生の場合には、数本なら症状が出たら抜くのも良いでしょう。
その毛だけ永久脱毛してしまうことで、症状から解放されます。細い針金のような電気メスの電極を用いることで1本だけの脱毛が可能です。

2019年1月29日形成外科手術

Posted by 中野 貴光