シミ(そばかす・雀卵斑)

そばかすとは?

そばかすは、雀の卵の模様に似た色素斑ということで、雀卵斑(じゃくらんはん)というのが正式名称です。
両頬部~鼻にかけての1~5mmほどのシミが散在性に多発し、3歳頃から出てきて思春期頃に目立つようになります。白人に多く、日本人でも色白の人に多くみられます。

原因は?

遺伝性(常染色体優生遺伝)と考えられており、両親のいずれかにそばかすがある場合、子供にそばかすが発症する可能性は高いということになります。メラニンの産生が局所的に活性化しており、紫外線を浴びると増えますので、紫外線防御が最も重要です。

症状は?

鼻すじ(鼻背)を中心に顔、手の甲、首などに小さなシミが多発します。範囲は肝斑と似ていますが、肝斑は鼻に出来る事は少なく、そばかすは鼻すじにできることが多く、一つ一つのシミは肝斑と比較して境界がハッキリしています。
肝斑では、レーザーを打つと逆に濃くなると言われておりますが、そばかすは比較的レーザー治療で綺麗に治すことが可能です。

どうやって診断するか?

特徴的な範囲や見た目、年齢、家族歴などを総合的にみて診断します。

治療法は?

そばかすの悪化を防ぐ為には、紫外線防御が最も重要です。
治療はレーザー治療や光治療が効果的ですが、内服や外用の治療も併用した方が良いでしょう。

内服治療

ビタミンCの内服はあらゆるタイプのシミに効果的です。

外用療法

ハイドロキノンなどのメラニン色素を作りにくくする美白剤や、ビタミンCのローションやクリームなどを用いて、メラニン色素を出にくくします。さらに、トレチノインというビタミンA誘導体(とても効果の高いビタミンA)を使用して肌の生え替わりを早くして綺麗にしていきます。

レーザー治療

そばかすは多くの場合、レーザー治療で綺麗に治すことができます。
ただし、色白な人に出来る事が多いので、目立っていてもそばかす自体の色は薄いことがあり、IPL・フォトフェイシャルなどの光治療では効果が薄い場合もあります。その場合にはQスイッチルビーレーザーなどが効果的です。

2019年3月8日美容皮膚科シミ, レーザー, 美白

Posted by 中野 貴光