シミ(肝斑・かんぱん)

肝斑とは?

肝斑は、ほほ骨の周りや額、口の周辺などにシミが左右対称性に現れるという大きな特徴を持っています。
ただし、たまたま日光性・老人性の色素斑が左右の似たような場所に似たような大きさで出ることもあるので、輪郭がはっきりしない、薄い褐色で広い範囲にもやっと広がっている、などの特徴も該当するか、あわせて確認してする必要があります。
また、肝斑は目の周囲にはできず、色が抜けたように見えることもポイントです。
肝斑は、30〜40歳代に発症年齢が集中しています。症状が見られるのはだいたい50歳代後半まで。60歳代以降ではほとんど発症することはなく、むしろその年代になると、肝斑は薄くなったり、消える場合もあります。ですから、20台前半や高齢の方の場合には肝斑のように見えても肝斑ではないことがほとんどです。
思春期はソバカスが多く発症し、加齢に伴い日光性・老人性の色素斑が多く発症します。
女性に多いですが、稀に男性の患者さんもいらっしゃいます。

原因は?

女性ホルモンのバランスの乱れが原因といわれています。
妊娠や経口避妊薬が発症を促したり、症状を悪化させたりすることから、肝斑の発症には女性ホルモンが何らかの形で影響していると考えられています。また、ストレスでホルモンバランスが崩れることも発症の要因であると同時に、シミができたというストレスがさらに症状を悪化させるといった悪循環も見られ、ストレスとのかかわりも指摘されています。
カラダの中にその原因があるシミが、肝斑なのです。
肝斑は単にメラニンが蓄積している状態というよりは、顔の特定の部位にメラニンを作りやすい体質の様なものともいえるので、それが肝斑の治療が難しいといわれる理由です。

症状は?

肝斑は、紫外線や不適切なスキンケアなどによる刺激で悪化します。
その為、夏には濃くなり、冬には薄くなることが多く、その点が日光性・老人性の色素斑とは異なります。
肝斑の症状で有名なのが、レーザーを打つと逆に濃くなるというものです。これが、肝斑の治療を難しくする要因です。つまり、レーザーという刺激によってメラニン色素を作るので、逆に濃くなることがあるということです。

どうやって診断するか?

特徴的な範囲、季節変動、年齢などを総合的に判断して診断します。ですが、先程も述べたように、“肝斑という体質”があっても適切にスキンケアをしていて症状が出ていない場合は肝斑と判らないこともあります。レーザーを受けたが、逆に濃くなってしまうというのは、日本人の肌質ではかなり普通のことですので、それだけでは肝斑とは言えません。
最近では肝斑という言葉が一人歩きして、“肝斑では無いのに肝斑と思っている人”や“肝斑では無いのに皮膚科や美容皮膚科で肝斑と診断された人”がとても多いのが現状です。
ですが、本当の肝斑はそれほど多くはありません。

治療法は?

“肝斑という体質”を変えることは困難です。ですから、肝斑の治療は対症的なものになります。いくつかの治療を複合的に行っていくのが良いでしょう。

内服治療

トラネキサム酸とビタミンCの内服は肝斑治療の基本です。まずはここから始めます。
日光性・老人性の色素斑の場合、内服だけで治ることはほぼありませんが、肝斑は内服だけで治ることがあります。

外用療法

ハイドロキノンなどのメラニン色素を作りにくくする美白剤や、ビタミンCのローションやクリームなどを用いて、肝斑の症状を出にくくします。さらに、トレチノインというビタミンAの誘導体(とても効果の高いビタミンA)を使用して肌の生え替わりを早くして綺麗にしていきます。その際、日光性・老人性の色素斑の治療よりも弱く使用することがポイントです。

レーザー治療

レーザー治療単独で肝斑を治療することはお奨めできません。内服と外用が基本です。しかし、日光性・老人性の色素斑と肝斑は両方あることが多く、内服と外用だけでは治療が難しい場合が多いのも事実です。
内服・外用が上手く効果が出ていることを前提に、治療の補助としてのレーザー治療は良い方法となります。
肝斑の治療としてレーザートーニングというものがありますが、副作用もあります。信頼できるクリニック以外でレーザートーニングを受けるべきではないでしょうし、レーザートーニングのみで肝斑を治療するのはお奨めできません。
当院ではレーザーを用いる場合にはフラクショナルQスイッチルビーレーザーという方法で肝斑の治療を行いますが、単独での治療は決して行わないことにしております。
レーザートーニングについてはいずれ細かく説明する予定です。

2019年2月17日美容皮膚科シミ, レーザー, 美白

Posted by 中野 貴光